腰痛ベルト

腰痛ベルト

腰痛でお悩みの方の救世主!腰痛を緩和するアイテム

スポンサード リンク
梨状筋症候群の治療法 > 腰痛ベルト

腰痛ベルト 選び方

スポンサード リンク

腰痛ベルトは腰痛緩和のために効果的なアイテムなのですが、これはつけさえすれば効果があるものではないのです。

選ぶべきアイテムは、期待する効果や自分の身体の状態によって違ってきます。

まず、日常生活に差し支えない程度のサポートが得られればいいという人は、普段の生活の動作を邪魔しないタイプの腰痛ベルトを選びましょう。

逆に、固定をしっかりとできるタイプを好む方におすすめとなるのは、固定する力が強いタイプとなります。

また、腰まわりの蒸れなどがベルトをつけることによって気になりがちな方には、通気性の高いタイプを選びましょう。

腰痛ベルトとひとくちにいっても色々とタイプがありますから、よく考えてどのようなものが自分に合っているのか選びましょう。

ちなみに、最近の人気がある腰痛ベルトは、ズレにくい2本のベルトでできたタイプです。

1本のベルトタイプが少し前までは多かったようですが、効果も高く、安定感も2本の方がありますから、それが理由で人気が出ているようです。

値段の方は比較的安価、数千円から1万円程度の価格帯となっています。

腰痛コルセットは病院でもらえますから、状態をかかりつけ医師に診てもらい、合っているものを選んでもらいましょう。

市販の腰痛ベルトよりも医療用のものであることからコルセットは1本5万円程度と高くなっているのですが、病院で作る場合は保険が適用されますから若干安い値段で入手可能です。

腰痛 緩和 アイテム

さまざまな腰の痛みを軽減するアイテムが出ていますから、自分に合うものを探し出して活用しましょう。

腰痛コルセットと腰痛ベルトが代表的です。

腰痛ベルトは腰にそのまま巻きつけて使うものとなっており、ゴム素材でできています。

このベルトは、腰痛バンドや骨盤ベルトという名称で売られています。

これらは入手方法が簡単で、ドラッグストアなどでも置いてあり、なじみがある商品となっています。

整形外科などでは医療用のコルセットがもらえます。

コルセットは病院にしかありませんが、治療のための製品ですから、高い効果が期待することができます。

ですが、コルセットやベルトは、腰痛は付けていれば和らぐのですが、治療がそれだけでできるものではないのです。

根本的な治療を理学療法や保存療法などの方法でしなければ、椎間板ヘルニアなどの疾患の症状を解消することは難しいのです。

ですから、これらは治療のサポートという考え方をすると良いでしょう。

また、それほど即効性はありませんから、体幹を整えたりするもの、または痛みを感じる動作や姿勢を制限するものと考えましょう。

一方、ベルトよりもコルセットの方が効果はありますが、コルセットもあくまで治療の補助をするものとして使います。

ですが確かにコルセットがある方が、しないよりも治りやすいですから、他の治療と並行するようにして使うようにすると良いのではないでしょうか。

サポート的なアイテムでしかありませんが、症状改善効果はある程度は期待できますし、つけていると精神的な安心感が得られますから、腰痛を和らげたい方は活用してみましょう。

オススメ

梨状筋症候群の治療法 / 腰痛体操 / 腰痛予防 / 腰痛 種類 / 腰痛ベルト / 腰痛 体操 ストレッチ / 更年期障害 症状 /

腰痛ベルト トップへ戻る