更年期障害 症状

更年期障害 症状

更年期障害の症状は40代、50代になると気になるところですよね 更年期障害の症状は女性も男性もありますので、要チェックです。

スポンサード リンク
梨状筋症候群の治療法 > 更年期障害 症状

更年期障害の症状

スポンサード リンク

更年期障害の症状で一般的に多いのがめまい・動悸・ほてり・冷え・発汗・のぼせという症状でしょう。

でも更年期障害の症状は人それぞれの違いがありますし男性・女性によっても違いますので、すべての更年期障害に上記の症状が出るとはいえません。

この症状以外にも心因や精神的な症状が出る方もいらっしゃいます。

軽度ならさほど心配もないのでしょうが、普段の生活が普通に送れなくなるほどの状態になってしまう方もいらっしゃいますので、症状が出たときの正しい対処法を知っておくことも大切です。

まず、「心身症」という症状に心因的要因でなる場合があります。

感情のコントロールがうまくいかないという症状が特徴で、感情のテンションが上っているかと思えば急に落ち込んだりと不安定になります。


かなり感情の起伏が激しくなっている場合躁鬱病の可能性も出てきますので注意しましょう。

精神的なものが要因として蕁麻疹や胃潰瘍、喘息や円形脱毛症などの症状が引き起こされる場合もあります。


そのほかにも更年期は更年期障害により血行が悪くなるので体が疲れやすかったり疲労感がいつまでも残ってしまったり、肩こりや頭痛、腰痛などの症状が酷くあらわれる方もいるのでいつもと違うと思ったら更年期障害を疑ってみましょう。


胃痛や吐き気むかつきそして便秘などという症状も自律神経バランスが崩れることによって胃腸の働きが低下し引き起こされる場合があります。

更年期は女性ホルモンの分泌が少なくなることにより皮膚が乾燥気味になってしまいがちで外的からの刺激に敏感になりがちで湿疹などが現れたりもするようです。

また、物忘れや不眠といった症状を訴える方もいたりと更年期障害の症状は多岐にわたり寝込んでしまうほどの症状を引き起こす方からまったく症状が現れない方というように個人差がかなりある事も知っておくのが良いでしょう。

更年期障害とホルモンの関係

人気の加圧トレーニングですが、プロスポーツ選手がその高い効果の為に取り入れています。
しかし、そのほかにも女優やタレントが行っていることでその人気に拍車をかけているのです。
女優やタレントが自宅で行っているということで老若男女まで人気が高いいトレーニングになってきました。

本来は加圧トレーニングで身体を鍛えるわけですが、加圧トレーニングを行うと成長ホルモンを脳下垂体から一気に分泌させる事でアンチエイジングに効果的だといわれているのです。
ホルモンの分泌が低下すると老化の原因と考えられていますので、加圧トレーニングは美を求める女性にも注目され始めたのです。
毎日の加圧トレーニングはダイエットにも効果があり、健康になることで体ばかりでなくお肌までも若返る効果がありモチモチした肌へと生まれ変わります。

そのトレーニングの方法により行った後の気持ちよさは他のトレーニングとは大きな違いがあります。
自宅でも出来る加圧トレーニング!

オススメです(・∀・)b

更年期障害と骨粗しょう症

骨粗しょう症をご存知ですか?

骨粗しょう症とは骨の中がすかすかのスポンジのようになってしまう病気です。

このような骨になると些細なことでも骨折しやすくなってしまいます。

原因としては加齢が主な理由に挙げられますが、単純に高齢者の病気というわけでもありません。

そんな骨粗しょう症ですが注意しなくてはいけないのは特に女性で、更年期障害に多く見られる

症状でもあります。なぜ、閉経を迎えた後の更年期障害の時期に骨粗しょう症になるのでしょうか。

それは閉経を迎える50歳の頃から女性ホルモンのなかのエストロゲンの分泌が急速に減っていくことと関係しています。

何故ならばエストロゲンが減ることにより骨量が減ってしまうからです。

そもそもエストロゲンとは骨の溶け出る量を調節する役目を果たしている成分なのでこの量が減ってしまうと骨の調節も狂いやすくなってしまうのです。

男性はもともと女性ホルモン量が少ないため骨の減りが少なく骨粗しょう症にはなりにくいのですが女性は更年期によるホルモンバランスの乱れから骨粗しょう症が引き起こされる場合が多いのです。

この骨粗しょう症というのは目だった自覚症状がないので、密かに進行していても気づかず骨を折ったり腰痛がひどくなるなどの症状が現れ治療を受けてはじめて知るケースも少なくありません。

骨粗しょう症は骨折しやすいという心配だけでなく骨性の痛みや骨の変形などにより日常生活にも簡単に影響を及ぼします。

高齢になると骨折が原因で寝たきりの状態になってしまう場合もあるので骨粗しょう症にならないように更年期に入る頃から予防に努めることが大切です。

骨粗しょう症予防に努め食事などに気をつけ日常生活に気を配りましょう。

なってしまった場合は医師の指導の下日常生活のちょっとしたことにも気をつけながら治療するのが良いでしょう。

リンク集

梨状筋症候群の治療法 / 腰痛体操 / 腰痛予防 / 腰痛 種類 / 腰痛ベルト / 腰痛 体操 ストレッチ / 更年期障害 症状 /


更年期障害は男性女性関係なくやってきます。

更年期障害を予防するには症状を知って早めの予防が大切ですね。

更年期障害 症状 トップへ戻る