梨状筋症候群の治療法

梨状筋症候群の治療法

梨状筋症候群で苦しんでいる人は結構多く、ぎっくり腰から腰痛が慢性化したり坐骨神経痛から発症したりします。 そんな梨状筋症候群で苦しんでいる原因や治療法など対処法を考えましょう。

スポンサード リンク
梨状筋症候群の治療法 > 梨状筋症候群の治療法

梨状筋症候群の症状とは

スポンサード リンク

お尻の奥に梨状筋(りじょうきん)という筋肉があるのをご存知ですか?
坐骨神経が骨盤から足先へ行く際に骨盤の出口に存在する梨状筋と言う筋肉や腱によって坐骨神経が圧迫されて起こる痛みの事を梨状筋症候群と言います。
発生原因として考えられるのは臀部打撲や股関節捻挫、ぎっくり腰から腰痛が慢性化した場合などの他に、スポーツや仕事などにストレスが加わったりして発生する場合もあります。

その症状はというと、坐骨神経痛の痛みと酷似しており、お尻の痛みや足先へ走る痛みやシビレが多いようです。
しかし、病院などでのレントゲン検査では中々初めから梨状筋症候群と診断されることはまずありません。

通常は坐骨神経痛やヘルニアと診断されることが多く、治療の過程で改善が見られなく梨状筋症候群が疑われることが多いです。
治療方法は基本的には手術ではなく、まず安静にし非ステロイド系抗炎症剤や筋弛緩剤、ビタミンB製剤で痛みを緩和します。

それでも改善が見られない場合は神経ブロック療法として坐骨神経ブロックなどの治療をいたします。
神経ブロック療法でも症状が改善されない場合には、梨状筋切離術を検討します。

梨状筋症候群の治療法

梨状筋症候群と診断され、他の併する病気がないようであれば、梨状筋を切離する手術をすることでよくなる可能性はあります。
比較的簡単な手術ですがやはり抵抗がある場合や坐骨神経痛などの他の症状が併発されているような場合には、脊椎の専門の先生によく診察を受けてから決定することが必要です。

その治療方法としては、まず安静にすることが一番です。
スポーツや激しい動きを要する作業や仕事の場合は、中止をした方が良いと思います。

痛みに対しては非ステロイド系抗炎症剤や筋弛緩剤、ビタミンB製剤を処方します。
それでも痛みが改善されないような場合は神経ブロック療法として坐骨神経ブロックなどを試るのが通常のようです。

まずは予防が大切ですので、腰痛の予防解消に最適は対策を!

梨状筋症候群・坐骨神経痛の症状と予防

梨状筋症候群の症状は以下のものが挙げられます。

●太ももの裏、ふくらはぎ、足先まで痺れが起こる。
●座っていると悪化することが多い。
●腰を前屈させると、足の痺れが強くなることがある。
●痺れている側を上にして横向きになると、痺れが悪化することがある。
●痺れは『鋭い』、『ビリビリ』、『電流が走るような』、『灼熱感』などと感じることが多い。

予防としては、まず腰に負担を掛けすぎないことが第一です。
無理に重いものを持ったり、無理な中腰での動作は腰に負担が大きいので特に気をつけましょう。

その他の原因は体重の増加により、太りすぎてしまい腰に負担がかかるためます。
食事管理にも十分に注意をしましょう。
予防としては、普段からの歩くなど適度な運動やストレッチが大切です。

特に水泳、ウォーキングなどは、腰への負担も少なく効果的です。
ストレッチ体操、腰痛体操などは、腰の柔軟性を向上させる効果があります。

スポンサード リンク

オススメ

腰痛体操 / 加圧トレーニング / 腰痛予防 / 腰痛 種類 / 腰痛ベルト / 腰痛 体操 ストレッチ / 更年期障害 症状 /

あなたの腰痛やおしりの痛みはヘルニアですか?坐骨神経痛ですか?原因不明の痛みがある場合梨状筋症候群を疑ってみて下さい。
症状はヘルニアや坐骨神経痛とよく似ていますが、少し違いますから・・・

梨状筋症候群の治療法 トップへ戻る